Free!Style’s blog

野球用品やアウトドア用品、トレーニング用品などで、おススメの物があれば紹介していきます。実際に使用したもので良かったものも紹介します。

リーボック ゾクランナーの履き心地をレビュー

リーボックから販売されているゾク ランナーを購入しました。購入してみて実際に届いた商品がどうだったかレビューします。その履き心地とクールな見た目、軽量でフィット感がいいと様々な方のレビューをみてゾク ランナーが欲しい気持ちが強くなり購入に至りました。

f:id:a-_-s0404:20190603001848j:image

 

 

 

ゾク ランナーのメリット

 

フィット感は抜群にいい

f:id:a-_-s0404:20190603001750j:image

フィット感はかなりいいです。履いている感覚がないほどで、ソックス状につくられた履き口やヒールタブも備わっているので脱着に苦慮することは少ないでしょう。

 

デザインがスタイリッシュでハイテク感満載

f:id:a-_-s0404:20190603001826j:image

ブラックカラーとホワイトカラーのコンビネーションが美しいフォルムを実現させています。メッシュ素材で爽快感も感じさせます。夏の暑い時期にハーフパンツと合わせるのもいいですね。

f:id:a-_-s0404:20190603001833j:image

裏返して確認してみると、ソール部分の形状も母指球付近にゴツゴツしたポイントが滑り止めにもなっています。踵の部分と前方の外側にはブラックカラーを採用していて、おしゃれ感が満載です。

f:id:a-_-s0404:20190603001810j:image

リーボックのシンボルマークがタン部分に入っています。タン部分は大きく開ける構造になっているので、履き口は広く履きやすかったです。ヒール部分には持ち手が付いていますので、脱ぎ履きがとても楽になります。

f:id:a-_-s0404:20190603001840j:image

アウトソール部分にはDMXFOAMの文字が入っています。これはクッション性能を向上させてくれて、街歩きからランニングまでキチンとグリップしてくれるリーボックの独自機能です。

カラーバリエーションも豊富

出典:Instagram

私はブラックカラーとホワイトカラーの2カラーデザインのゾク ランナーを選択しましたが、他にもブルー単色のものや多数のラインナップが用意されています。

また、ゾク ランナーと一括りで話していますが、正式名称は"ZOKU RUNNER HM"です。

 

価格が手ごろ

f:id:a-_-s0404:20190603001855j:image

価格帯も4000円台で購入することも可能です。素材は伸縮性があり、素足のような感覚でシューズを履き続けることができます。これだけのスペックを持っていながらこの価格なのでコストパフォーマンス面も抜群と言えるでしょう。

 

ゾク ランナーのデメリット

 

ヒールタブが当たる感覚がある

f:id:a-_-s0404:20190603001819j:image

ヒールタブがあって非常に脱着は楽になっているのですが、歩いている時になんとなく当たる感じがしました。それが痛いというレベルではなくアキレス腱付近に突起物が当たっているのかなと思う程度ですが。今後、履き続けてどうだったのかも書いていこうと思っています。

 

他にもリーボックからおしゃれなシューズが販売されている

ポンプシュプリーム

 ハイテクさとモダンな雰囲気を併せ持つポンプシュプリームです。こちらもポンプ搭載でフィット感を調節することができます。街中で映えるのでモダンなコーディネートに取り入れてみたくなるシューズです。

 

インスタポンプフューリー

 

もっとも人気のあるインスタポンプフューリーです。その見た目は近未来を感じさせ斬新なデザインが特徴です。タン部分にあるボタンでフィット感を調節可能です。癖のあるデザインに見えがちですが、ストリートからモード系、カジュアルなどどれにでも合うのが魅力です。

 

足を主役に魅せるのにリーボックのシューズはおすすめ

f:id:a-_-s0404:20190603001759j:image

リーボックはデニムのストリートカジュアルや、スタイリッシュなコーディネートにもおすすめです。また、女性のファッションコーディネートにも合わせやすくて人気を博しています。

 

足から魅せるファッションでお出かけが楽しくなると思いますよ。スポーツMIXでも合わせやすいですし、色々と楽しめそうです。このゾク ランナーを堪能したら、次もリーボックで外出を楽しもうと思っています。