Free!Style’s blog

野球用品やアウトドア用品、トレーニング用品などで、おススメの物があれば紹介していきます。実際に使用したもので良かったものも紹介します。

2019年も熱いぞワークマンのレインウエア

2019年もワークマンのレインウェアが熱いです。リフレクトやr-600などバイクやアウトドアでも活躍するレインウェアが揃っています。防寒・防水機能や浸透性といった部分にも注目してシーンに合わせたものを選びましょう。

 

 

 

様々なシーンで活躍

https://cdn.pixabay.com/photo/2016/11/29/05/55/adult-1867665_960_720.jpg

ワークマンといえば作業服や作業用品の大型専門店ですが、そのワークマンのレインウェアは、様々なシチュエーションで活躍するアイテムです。そこに人気の理由があります。

バイカーにこれ以上のコスパ◎アイテムはない

https://cdn.pixabay.com/photo/2014/07/31/23/10/biker-407123_960_720.jpg

普段からバイクに乗る方にもおすすめです。ワークマンレインウェアの魅力は耐水圧です。雨を直接受けている環境は歩行中や自転車乗車中とは比べ物になりません。そのため、水の侵入を積極的に防ぐ高度な耐水圧製品が必要となります。

 

また、長時間運転するようなロングライドでは、太刀打ちできないことが容易に想像できます。ワークマンレインウェアの豊富なラインナップがその部分を解決します。バイカーの方もチェックです。

登山ウェアとしても人気

https://cdn.pixabay.com/photo/2016/03/09/09/43/person-1245959_960_720.jpg

作業着を販売しているのに、そのデザイン性は女性にも人気があるくらいしっかりしています。販売コンセプトもこれまでとは異なり「ワークマンプラス」といった新業態での販売でも注目されています。

 

機能力の高さと低価格の商品を多く取り扱っており、そこに普段着用や登山着としてのファッション性を含まれるようになったからでしょう。

 

アウトドア系ではフィールドコアというブランド。レインウェア系はイージスがブランドというブランドが中心で展開しています。気に入った商品がないかチェックです。

釣り人用防寒着にもなる

https://cdn.pixabay.com/photo/2016/05/25/19/45/fish-1415723_960_720.jpg

海釣りをする方はわかると思いますが、冬場などはものすごく寒いです。雨が降ってきたら寒さは倍増。その寒さに凍えるような経験をした方もいるのではないでしょうか。

 

そんな時でも役立つのがワークマンレインウェアです。動きやすさを備えたストレッチ性があり、動いていても蒸れない透湿性もあるので、カラダを動かす釣りにおいてもメリットがあります。

ワークマンレインウェアの選び方

ワークマンで販売されるレインウェアを選ぶ際に気を付けたいポイントを確認していきましょう。実際に購入前に、口コミを聴いておくことも後で後悔せずに済みます。

口コミで選ぶ

ワークマンを利用する方が、一気に広がり若い年齢層の方も着用することが増えました。インターネットについての知識も増えて、口コミ数も増加。様々な良質アドバイスが投稿されています。

 

生の声を聴いてみることで、見えなかった部分がみえてくるかもしれません。一度は目を通すようにしましょう。

スペックで選ぶ

ワークマンの魅力は、総合作業着メーカーをやってきたことからも機能性・耐久性に優れている点にあります。

 

動きやすさを重視したいのか、それとも水の浸透を防ぐことに強化したモデルが良いのかあなたの欲しいスペックを確認するところから選んでいきましょう。

シーンで選ぶ

あなたがレインウエアを用いるのは、どういったシチュエーションで使用するのかはっきりしていますか。シーンに合わせて商品を選ぶのも1つです。

バイク乗りならBIKERS

バイクに乗るということは、自転車や歩行とはレベルの違う風圧と水をカラダに受けることになります。そのため、カラダが受けるエネルギーは非常に大きくなります

 

ワークマンからもそこに見合う機能力の高い製品ラインナップが揃っています。しっかりとスペック面を確認して選んでいきましょう。

釣り人に人気なイージスオーシャン

釣り人にもワークマン製品が人気なのは先に触れました。特に釣り使用でも活躍するのは、防寒性と防水性を備えたモデルです。

 

そこで探していくとワークマンの「イージス」は魅力的なシリーズです。釣りだけでなくバイクツーリングでも活躍するスペックを持ち合わせています。

 

長時間同じ場所に居続ける釣りを行う方にとって、耐水圧や動きやすさは外せない要素です。しっかりとその部分を抑えた仕様のものを選んでいきましょう。

ワークマンのレインウエアのおすすめ商品

R006 透湿レインスーツSTRETCH

オールラウンドな活躍が期待できる

耐水圧や透湿性は一定条件をクリアしており、自転車やバイク通勤などでの雨合羽としても活躍します。防寒性も備える商品です。

耐水圧:

透湿性:

カラー:ダークチャコール・バーガンディレッド・ライムイエロー

サイズ:S・M・L・LL・3L

☆口コミ

通勤時の雨対策

自転車通勤時、雨に降られた時に着用します。
防水性、撥水性共に期待していたとおりの商品でした。

引用:楽天

 透湿レインスーツ BIKERS

バイク対応するスペックの高さが魅力

3層構造を取り入れたこちらのBIKERSは雨風を強力シャットアウトしてくれます。腕や、裾、腰には反射材付きなので安全面も考慮されています。

 

また、ウエスト部分は絞りこむアジャスターが搭載されており、バタつき防止も行えます。スペック面を網羅した優秀な製品ですが、数時間で濡れてきたという方も。ある程度は仕方ないようです。

耐水圧:20000mm

透湿性:2000g/m2/24h

カラー:ブラック、ロイヤルブルー、ライムグリーン

サイズ:S・M・L・3L・5L

☆口コミ

レインウェア BR-002

BR001からのアップデート版BR-002を購入しました。
ゲリラ豪雨の30分で、上着のしたに着てる服は胸が濡れました。
サイズは182センチ76キロで、3Lにしました。
上着は少し大きくて、冬は中に普通のダウンぐらいならきれそうです。パンツは長めで、ひきずります。

 イージス 2.5レイヤーハードシェルジャケット

軽くて持ち運びにも便利

ラミネートフィルム加工が施された2.5レイヤージャケットです。アウトドアで不意な雨などでも取り出しやすく、非常に重宝されます。

 

また、細身なシルエットを出す「FIT STYLE」を採用しています。カラーも3色から選べておしゃれな妥協しません。

耐水圧:15000mm

透湿性:3000g/m2/24h

カラー:ブラック、ロイヤルブルー、ライムグリーン

サイズ:S・M・L・LL・3L・5L

アイトス ディアプレックス全天候型ジャケット

カジュアルでも魅せられるデザインが魅力

防水性はもちろん、暑い時と寒い時で上手く調節してくれて不快感を軽減してくれるディアプレックス素材を採用しています。3層構造なので水を通しません。透湿性は16000g/m2/24hと群を抜いています。

耐水圧:30000mm

透湿性:16000g/m2/24h

カラー:ブルー×チャコール・ネイビー×チャコール・ミントグリーン×チャコール・ピンク×チャコール

サイズ:7・9・11・13・15(号)

☆口コミ

1着目は真冬でこれだけでは寒すぎて下に何枚も着ないとならない事を不満に思いましたが、夏の大雨に着てみたら、かなり快適でした。全く湿ってくる気配はなかったし、透湿度数がものすごく高いせいか全く蒸れてくる感じもありませんでした。

登山の共に真空保冷ペットホルダー

 

ワークマンの真空ペットホルダーも人気商品です。入れた時の温度のままに持ち運びできるメリットがあります。

登山やツーリングの共に入れてみてはいかがでしょうか。

洗濯方法もチェック

洗濯方法も確認しておきましょう。せっかく購入したのに適切な方法でないと痛むスピードが速くなります。

 

基本的に選択は手洗いで行うことをおすすめします。洗剤でよく洗い汚れを取り除きます。脱水したり、絞ったりせずに水を叩き落し陰干しするようにしましょう。レインウエアの保管はハンガーに吊るしたうえで高温多湿のばしょを避けましょう。

よく気になるポイントとして撥水機能がなくなるのではと質問が挙がっています。実際のところ、使用頻度が増加するにつれて撥水性能は低下します。そこで洗濯後は撥水剤を使用することをおすすめします。