Free!Style’s blog

野球用品やアウトドア用品、トレーニング用品などで、おススメの物があれば紹介していきます。実際に使用したもので良かったものも紹介します。プログラミング学習もはじめました。作成した作品も掲載します。

外出先でタイピングしたい方必見【iPadに合うワイヤレスキーボードBookey Plus】

外出する時にPCだと重いんだよね。どうにかならないかな…

それならiPadとワイヤレスキーボードの組み合わせなんてどうですか?重量は軽くなっておすすめですよ。

私はJTT Bookey Plusを購入しました。実際に使用してみましたが、使いやすさは非常に良いです。ワイヤレスキーボードの存在を知らない方は、この記事でワイヤレスキーボードについても解説していますので、参考にしてみてください。

 

前知識として【ワイヤレスキーボードは3種類】

ワイヤレスキーボードの種類

一体型の有線

 

iPadと一体型

 

分離型のBluetooth(今回紹介するのはこちらのタイプ)

一体型の有線

【メリット】

・安定した接続

・入力と表示のタイムラグがない

・電池切れの心配がない

【デメリット】

・ケーブルの長さなどで位置の制限がある

・iOS向けの製品が少ない

 

iPadと一体型

【メリット】

・安定した接続

・iPadの角度を変えられる

・iPad本体を傷や衝撃から保護

【デメリット】

・本体と合わせると重量が増える

 

分離型のBluetooth 【メリット】

・ケーブルがなく煩わしさがない

・スマートな環境での作業が可能

【デメリット】

・キーボード単体で電池切れの心配がある

・環境によっては接続が不安定

・入力スピードと表示のタイムラグが生じる

 

ワイヤレスキーボードを使うことで得られること

・文字を的確にタイピングできる

・コピペなどが楽に行える

・ソフトウエアキーボードではないので全画面で作業できる

作業時間が向上する

種類によって、こういったメリット・デメリットがあります。そして、ワイヤレスキーボードを使うことで得られることもまとめてみました。作業だけの話をするなら、「効率よく、どこにいても作業できる」ことは大きな恩恵です。 やはり、あることで作業がどこに出かけてもはじめられる安心感を実感できています。 外出して外でPC作業が行いたい方におすすめのiPadとワイヤレスキーボードのコンビです。軽くて薄いからバッグに入れて持ち運びも行いやすいです。それでは、私が購入したBookeyPlusを紹介していきます。

Bookey Plusをおすすめする理由

f:id:a-_-s0404:20200124135448j:plain

Bookey Plusをおすすめする理由は薄くて、軽いため持ち運びにも困らず、タイピングも打ちやすいことがあげられます。見出しをわけて解説していきます。

薄い!軽い!持ち運びやすく打ちやすい

重量は224g

f:id:a-_-s0404:20200124135444j:plain

この重量感は持ち運びするのには非常に楽です。この重量はApple純正のスマートキーボードよりも軽いです(約243.5g)。 同時期に出たLogicoolの「Key-to-go」は同じ分離型のBluetooth接続タイプです。それと比較すると180gなので劣しますが、軽さは十分です。そしてLogicoolの「Key-to-go」の価格がAmazonで約8500円なのに対して、Bookey Plusは約4000円で購入可能です。コストパフォーマンス面でみてもお買い得です。

タイピングも非常にやりやすい

f:id:a-_-s0404:20200124135438j:plain

Bookey Plusはキーピッチが約17.5mmで気持ち小ぶりです。Key-to-goが17mmですのであまり変わりません。違いとしてはタイピング音がするBookeyPlusのに対し、Key-to-goはしないこと。そして、防水加工の有無です。BookeyPlusには防水加工が行われていないので、その点は取り扱いに注意が必要です。とはいえ、私は何度も持ち出していますが、水分が付着したことは一度もありません。タイピング音を喫茶店などで注意されたりしたこともないので、心配することは少ないのではないでしょうか。あくまで個人的な感想です。そういったデメリットがあることは覚えておいてください。

薄さの秘密は充電式であること

f:id:a-_-s0404:20200124134404j:plain


キーボード裏面の端に充電用のmicroUSBポートがあります。乾電池式ではなく、バッテリーを内蔵しているため、薄型化に寄与しています。 

 

バーを支えるパーツが飛び出す設計
f:id:a-_-s0404:20200124135444j:plain
f:id:a-_-s0404:20200124134400j:plain

特徴としては、iPadを支えるバー部分がボタンを押すことで飛び出す設計になっていることです。結構な勢いで飛びだすので気をつけてください。

 

Bluetooth接続も簡単

f:id:a-_-s0404:20200124134338j:plain

Bluetooth接続も楽々でしたiPadで”Bluetoothと接続“で検索して選択すれば、それ以降は行う再接続作業を行う必要もありません。

他のワイヤレスキーボードでおすすめってありますか?

ほかにワイヤレスキーボードのおすすめあります

ほかにワイヤレスキーボードのおすすめ商品

タイピングの打ちやすさが高評価

ThinkPadトラックポイントキーボード II

タイピングのやりやすさはライターからも高い評価

その打ちやすさ異次元と評価する人もいました

 

デメリットは重量(約500g)。どうしても、重くなってしまう

価格も高価

MacBookのように使用したい人には…

Apple 純正 Smart Keyboard

iPadと一体型ワイヤレスキーボード

一体型でも軽い。約243.5g

 

持っているデバイスによって種類が別れるので注意

こちらもデメリットは価格が高価になること

両者とも、メリットとデメリットがあります。 まとめ 今回のまとめです。軽装で出かけたいという方には、iPad+ワイヤレスキーボードのコンビがおすすめと話してきました。

 

まとめ

おすすめする理由のまとめ

・重量は224gと軽量

・タイピングも非常に押しやすい

・薄さの秘密は充電式

 iPad +ワイヤレスキーボードを携行していれば、どこか出かけた先でもしっかりとタイピング作業を行うことができます。とはいえ、作業するならPCでやりたいという方には不向きです。ただ、私の肌感覚としては、プログラミングなどのコード入力や動画編集がメインであるなら、作業は難しいですが、それ以外の日々日常のタイピング作業程度ならば、“ほぼPC”と同じ感覚で作業できています。ここは、一人ひとり個人で感覚が違うので見極めてほしいです。あなたに合った商品がみつけてみてください。

 

 

 

ちなみに私が、iPad+BookeyPlusを持って出かけた旅行の記事も掲載しておきます。 

www.freestyles.work

 

 

www.freestyles.work