Free!Style’s blog

野球用品やアウトドア用品、トレーニング用品などで、おススメの物があれば紹介していきます。実際に使用したもので良かったものも紹介します。プログラミング学習もはじめました。作成した作品も掲載します。

日本製のホエイプロテイン ボディウイング プロテイン バナナ味を購入!【おいしさを評価してみた】

「日本で作られているホエイプロテインでAmazonや楽天で購入できる1番安いのってどのメーカーのなんだろう?」

 

「日本製では、ボティウイングは価格が安いです。他にもエクスプロージョンが安価に購入できます。」

 

海外製のプロテインは、安くていいものという話は以前にもしました。

 

www.freestyles.work

 

 

しかし、ただそれでも

 

「日本製のプロテインの方が安心する。日本で気軽に手に入れられるものがないの?」

 

という質問をする方もいるでしょう。

 

まだまだ日本で”海外プロテイン”が浸透していないのですね。感情で意思決定するのが人です。そして選ぶのも人です。そこの基準は、まだまだ変わらない部分です。

 

それならば、日本製でおすすめのプロテインを紹介します。

 

✔︎判断基準は…

価格が安いこと

 

美味しく飲みやすいこと

 

Amazonや楽天市場で販売を行っている商品

 

 

 

 

 

 

 

私自身もボディウイングのプロテインを購入しました。


f:id:a-_-s0404:20200118130415j:image

 

これまで私はザバスやグリコのプロテイン、GronGのホエイプロテインなど購入してきました。

 

www.freestyles.work

 

 

www.freestyles.work

 

 

価格だけでいえば高いです。1kgあたりの換算でいくと2000円は超えてきます。GronGがその価格なのであって、ザバスやグリコは3000円を超えてきます。日本製プロテインの高価格なことには驚きでした。

 

そんな過去の自分に伝えたい。それがボディウイングのホエイプロテインです。

 

この辺りに焦点をあてて紹介します。人によってはもっと細かい部分までこだわるという人もいるかもしれませんが、まず抑えたいポイントはこの辺りだと思います。

ですので、価格でも海外製に負けない製品、そして美味しく飲みやすい製品をAmazonや楽天市場で見つけていきましょう。

 

✓この記事をみればわかること<

1 Amazonや楽天市場など有名ECサイトで販売されている商品で購入することができます。

 

2 日本製なのに低価格。(2000円台のパフォーマンスとは思えない高品質。エクスプロージョンも見逃せない)

 

3 プロテインとしての効果は十分期待できます。(口コミレビューと実際飲んでみた感想も)

 

 

先ほども伝えましたが、私自身も日本製のプロテインを飲用しています。プロテインを服用することで、理想の筋肉を手に入れられるようになっていきます。

日本のプロテインの印象は、品質はいいけど、価格が高いと以前の記事でも紹介しました。

 

www.freestyles.work

 

しかし、Amazonや楽天市場などECサイト経由し、購入することで価格は海外製プロテインと同等で、購入することができます。その安くて高品質で購入できる代表がボディウイング ホエイプロテインです。

 

ボディウイングの大きな特徴は、味は美味いとは言えない。けど、安さと高品質な商品であるということです。

 

✔︎ボディウイング ホエイプロテインを一言でいうと…

コスパで言えば最強クラス‼︎味はとびきり美味しくないけど高品質で低価格!

 

これです。この一言でまとめられると思います。それを埋め合わせていく根拠がわかるメインテーマをみていきましょう。

 

1 Amazonや楽天市場など有名ECサイトで販売されている商品で購入することができます。

f:id:a-_-s0404:20200124165548p:plain

ボディウイングをおすすめする理由1つ目は、Amazonや楽天市場など有名サイトで購入することができます。

なぜなら、ネットでクリックすれば、配達員の人が家まで届けてくれ、誰でも1度は使ったことがあることAmazonや楽天なので、購入や配達の流れも理解しやすいからです。

また、各ECサイトのポイントも受け取ることができるなど、お得二重取り三重取りが可能です。安心で手軽に手に入るからです。

私は楽天市場で購入しました。購入しました。価格は2390円です。自分の場合はポイント6倍です。2390円×6倍=137ポイントをポイントとして受け取ることができます。実質、2253円で購入することができますね。

もちろん、楽天市場でどれくらい購入しているかでポイント獲得率は異なります。こういった恩恵を受けとることができるのも有名ECサイトで商品を購入するメリットです。

とはいえ、積極的にAmazonも楽天も使っていないという人もいるかもしれません。しかし、これからはインターネットの時代です。キャッシュレスが国をあげて推奨しています。現金で購入するよりお得なのは間違いありません。

経済産業省のホームページからの抜粋です。記事を見てください。キャッシュレスなら、お金を所持することがなくて、お札を取り出したりする必要もないです。これをきっかけに情報を集約して、あなたがよく使うポイントカードを利用して、利用率をあげていきましょう

ですので、お得にポイントも獲得できる楽天市場などECサイトで購入することでお得なことがたくさんあることを知っておきましょう。

2 日本製なのに低価格。(2000円台のパフォーマンスとは思えない高品質。エクスプロージョンも見逃せない)

f:id:a-_-s0404:20200118130408j:image

日本製プロテインなのに低価格なのは、非常に魅力です。なぜなら、品質が高くコストパフォーマンスがとても良いからです。具体的には、この成分表をみてください。

製品24g(専用スプーン3杯分)で18.6gのたんぱく質を摂ることができます。この含有量は他の代表的なプロテインとも変わらない成分量です。そして、価格が2000円台で購入できます。Amazon、楽天市場、ヤフーショッピングでの価格です。

私はバナナ味を購入したのですが、バナナやチョコミルクなど味付きのホエイプロテインは、ナチュラルで味のないタイプよりも、やや高めの価格設定です。1kgで2500円以下の購入は非常に商品は少ないです。ボディウイングは非常にメリットが大きいです。

とはいえ、ボディウイングは口コミでも多く上がっているように、味がイマイチと評価する人が多いです。私自身も、それまで飲んでいたGronGホエイプロテインと比較して、粘性が高くて味も薄い印象でした。牛乳や豆乳と飲まなくては正直なところキツいです。

☆詳細は、次の3の実際飲んでみたレビューで詳しく説明します。☆

ですので、低価格で高品質のホエイプロテインが飲めるのがGronGホエイプロテインです。

3 プロテインとしての効果は十分期待できます。(口コミレビューと実際飲んでみた感想も)

f:id:a-_-s0404:20200126211955j:image

プロテインとして効果は期待できます。なぜなら、WPI製品で保存料や着色料を使わない無添加食品だからです。

f:id:a-_-s0404:20200118130422j:image

これだけの充実した成分であるのは非常に魅力的です。タンパク質含有率は80%超えしています。市販のプロテインでは平均して70%を超えていれば、高タンパク商品と言われています。

その中で上位プロテインと変わらない高タンパク商品です。筋力トレーニングでもダイエット目的でも使えますね。

✔︎購入前に知っておきたいボディウイングを飲んだ感想

・不純物が少ない(砂糖や添加物など余計な成分を使用していない)

・粘性は高め

・溶けにくさ

・バナナ味(ほんのり甘い)

率直に、飲むのにシェイカーは必須と感じました。粘性がGronGホエイプロテインや、グリコのソイプロテインより強いのです。

私はバナナ味を購入しましたが、味はほんのりと甘いという感じです。甘いの好きな人だと牛乳や豆乳で割らないと甘みが足りないかもしれません。

実際に低脂肪牛乳とシェイクして飲みました。これくらいの甘みがあった方が個人的には嬉しいです。

甘味を出すのに砂糖ではなくステビアという甘味料を採用しています。ステビアとはパラグアイで取れる噛むと甘い味のする多年草です。余計な糖分をとりたくない人にはおすすめです。

とはいえ、人工甘味料で作られているホエイプロテインの方が甘味も濃くて美味しいという評価を受けています。但し、味よりも高タンパクな品質にこだわるのであれば、ボディウイングホエイプロテインがおすすめです。

ですので、プロテインの中に不純なものをなるべく減らしたい人にはこちらがおすすめです。

<深掘り:日本の代表的なプロテインメーカーのボティウイングとGronGホエイプロテインに違い

f:id:a-_-s0404:20200109030303j:plain
f:id:a-_-s0404:20200118130415j:plain


ここで深掘りで、日本の代表的なプロテインメーカーのボティウイングとGronGホエイプロテインに違いについてみていきましょう。

ボディウイングと比較すると、粘性がまず違います。そして、味も同じバナナ味と比較してみて、全くといってもいいくらい、違います。

ここは、好みの問題もありますが味重視(甘いもの重視)の人はGronGホエイプロテインを、高タンパク重視(コスパ重視)の人はボディウイングホエイプロテインと考えてみてください。

f:id:a-_-s0404:20200126212110j:image

✔︎深掘りポイント【私が飲んだGronG、ボディウイングのプロテイン比較】

味がしっかりとしているのは、GronGホエイプロテイン

⇨味重視(甘いもの重視)の人はこちらがおすすめ

たんぱく質含有量が高くコストパフォーマンス重視の人にはボディウイング

⇨飲んだ味よりも高タンパク質なもの重視の人におすすめ

これを見ていただければわかるように、これがボディウイングのメリット・デメリットです。

それによって、大きな違いが生まれるのです。

✔︎ボディウイングのメリット

高たんぱく質含有量のホエイプロテイン

砂糖などの甘味料を一切使わない高純度

>✔︎ボディウイングのデメリット</u

味がイマイチ

溶けにくい

より詳細な違いについては、別記事で紹介します。

まとめ

今回のまとめです。

✓この記事をみればわかること<

1 Amazonや楽天市場など有名ECサイトで販売されている商品で購入することができます。

2 日本製なのに低価格。(2000円台のパフォーマンスとは思えない高品質。エクスプロージョンも見逃せない)

3 プロテインとしての効果は十分期待できます。(口コミレビューと実際飲んでみた感想も)

✔︎ボディウイング ホエイプロテインを一言でいうと…

コスパで言えば最強クラス‼︎味はとびきり美味しくないけど高品質で低価格!

✔︎購入前に知っておきたいボディウイングを飲んだ感想

・不純物が少ない(砂糖や添加物など余計な成分を使用していない)

・粘性は高め

・溶けにくさ

・バナナ味(ほんのり甘い)

✔︎深掘りポイント【私が飲んだGronG、ボディウイングのプロテイン比較】

味がしっかりとしているのは、GronGホエイプロテイン

⇨味重視(甘いもの重視)の人はこちらがおすすめ

たんぱく質含有量が高くコストパフォーマンス重視の人にはボディウイング

⇨飲んだ味よりも高タンパク質なもの重視の人におすすめ

✔︎ボディウイングのメリット

高たんぱく質含有量のホエイプロテイン

砂糖などの甘味料を一切使わない高純度

✔︎ボディウイングのデメリット

味がイマイチ

溶けにくい



このようなボディウイングのホエイプロテインの使い方を学んできました。私自身が使っている感想を含めると、やはりコストを気にしている人、不要な甘みなど必要としない人には、断然、ボディウイングをおすすめしたいです。

とはいえ、味も大事な要素ですし、自分の場合は牛乳などでシェイクして飲まないと正直、きついです。ただ、牛乳や豆乳を飲むことで問題なく飲むことができています。

ですので、ボディウイングというコストパフォーマンス面のいい日本製ホエイプロテインがありますので、興味のある人はチェックしてみてください。

★★今回は紹介できなかった日本製プロテインのエクスプロージョンについては今後、記事にして感想を発信していきます。★★

というわけで、今回はこれくらいにします。