Free!Style’s blog

野球用品やアウトドア用品、トレーニング用品などで、おススメの物があれば紹介していきます。実際に使用したもので良かったものも紹介します。

少年野球で使えるバット 2019 おススメ5選

野球の中でも、少年野球に対してのバットが一昔前と比較して大きな変化を遂げています。

 

ボールをつかむように打てるバッティングや、飛距離は大きく変わった点です。これを引き出すことが可能になったのは、バットが凄まじいほどの勢いで変化してきたからでしょう。

 

今回は、少年野球(小学生クラス)で使えるバットを厳選しましたので紹介します。

 

 

少年野球ではどんなバットを選ぶのがよいのか?

少年野球では、どんなバットが一番いいの?と質問が多くあがると思います。成長期の子供は、どんどん成長していくので、何を基準としていいかというポイントを二つ挙げました。 

少年野球のバットは金属を選択しよう!

 バットには「金属製」(高反発カーボン素材のものも含む)と「木製」に別れます。「木製」のものだと折れたりする可能性もあり、危険性もゼロではありません。実際の試合で使用するのも「金属製」(高反発カーボン素材のものも含む)バットを使用しますから、こちらを選択して、まず間違いはないでしょう。

もちろん、練習では「木製」バットを使用したいとお考えの方であれば「木製」バットはおススメですよ。

持った感覚や体格を考慮するのも重要!

 ポイントの二つ目としては、自分に持った時の感覚、振り心地を意識した方がいいと思います。持った感覚があまり良くないのに購入して使用した後に後悔…なんてことも十分あり得ます。そして、体格をみて購入するのも大切です。

近年、多く販売されている高反発カーボン素材のバットは飛距離は当たれば飛びますが、重さがあります。購入したはいいけど、重くて試合で全然打てないなんてことになって、お蔵入りということもあり得ます。そういった点をおさえてバットを見ていきましょう。

少年野球で使えるバット5選

それでは、見ていきましょう。少年野球といえど、飛距離を伸ばし、より振りやすくするために各メーカーがしのぎを削って、良バットを販売しています。メリット、デメリットが、もちろんありますので、その部分に触れながら紹介していきます。

ミズノ ビヨンドマックスメガキングII

ウレタンの量を増やしたいことで更に高反発性をアップさせたバット!

ミズノからはビヨンドマックスメガキングⅡです。 このバットの最大の特長は、飛距離を出せるようにするために、ウレタンの量を増加させたことにあります。それにより、金属バットと比べて飛距離が3.8%もアップしたと言われています。雨天時にも効果を発揮し、「パンプ構造」をバットの当たる部分に採用しているためボールを逃がさないバットとなりました。

重さをどう克服するのかがポイント

正にロングヒッター用のバットと言えます。先ほども触れましたが、ウレタンの量を増やしたことで、バットの重量も増加しており重さを感じます。トップバランスのバットで飛距離を出したい方には、おススメしたいバットです。

スペック

サ イ ズ:84cm・平均 740g/84cm・平均 760g/85cm・平均 780g
カ ラ ー:ブラック×グレー/ブラック×ゴールド/グレー×ブラック
素 材:カーボン、グラス、ポリウレタン

 

ゼット BCT71878-1900 少年軟式FRPバット BLACKCANNON ST ブラック

ZETT/ゼット BCT71878-1900 少年軟式FRPバット BLACKCANNON ST ブラック

posted with カエレバ

 

楽天市場で購入

Amazonで購入

Yahooショッピングで購入

打撃部の改良で、更に飛距離が出るようになった

打撃部新三重菅構造を採用したことで従来のBLACKCANNONよりも飛距離はアップしました。ビヨンドマックスメガキングⅡと比較して、重量はこちらの方がかなり軽いです。カーボン素材ならではの打球感も魅力の一つです。

ヘッド部分に違いがある

ヘッド部分は一体型となっており、他のメーカー商品と違いがあります。自分の持った感覚などが重要なバットなので、実際に持ってみて感覚がいいのか確認しましょう。それに加えてコスパ面もイチオシです。この性能で低コストを実現しています。ちなみに、それが可能となったのはヘッド部分を一体型としたからなんです。

スペック

サ イ ズ:76m・平均 550g/78cm・平均 560g/80cm・平均 570g
カ ラ ー:ブラック×グレー/ブラック×ゴールド/グレー×ブラック
素 材:カーボン、グラス、ポリウレタン

 

ローリングス 軟式 バット ハイパーマッハ S 

打撃部のハイパーグリップ加工でしっかりとボールを捕らえる!

ハイパーマッハSはバット自体が軽く、振りぬきやすいバットです。またウレタン部分が従来のバットより8㎝伸びたことで更に、芯で当てる部分が増加しました。ボールを捕らえる確率がぐんとアップしています。

軽いので振りぬきやすい

振りぬきやすさでいったら、ハイパーマッハSは上位のバットでしょう。大変おススメです。パワーのある子供であれば、少し物足りなさも感じるかもしれません。そういった子にはもう少し重量のあるバットでもいいかもしれないですね。

スペック

サ イ ズ:76m・平均 530g/78cm・平均 540g/80cm・平均 550g
カ ラ ー:カモ×ブラック
素 材:本体/FRP+PU(打球部) 

 

バット asics 野球用バット 少年軟式用コンポジット ネクスチューブ

どこの部分で当たっても反発力のあるポリウレタンが入った部分にあたり他のバットにはない仕様となっています。例え、どん詰まりの根っこや、先っぽに当たっても飛んでいきますね。

スリムな形状

全体として細身のシルエットをしています。ズンと太めのバットを好む人など、そこは好みが別れるところかもしれません!見た目にも、トップバランスのバットで飛距離が出そうな印象を強くもちますね。

スペック

サ イ ズ:75m・平均 570g/78cm・平均 580g/80cm・平均 590g
カ ラ ー:ブラック
素 材超々ジュラルミン(SA700)、ポリウレタン 

 

ルイスビル SOLO 618 リトルリーグ用 少年硬式 バット

少年野球のうちから硬式で、野球をさせている家庭もあるかと思いますのでご紹介します。少年野球の硬式の世界でも新基準の変更が行われ、従来のバットの中で使用できなくなったバットも多くあります。このバットは、その新基準を達成しておりますので安心して使用可能です。

 

自分に合ったバットをみつけて豪快なスイングでかっ飛ばせ!

バットも多くて何がいいのかわからないという方も多いかもしれませんが、試合で活躍するためにも自分に合ったバットをみつけて成績をアップさせましょう!