Free!Style’s blog

野球用品やアウトドア用品、トレーニング用品などで、おススメの物があれば紹介していきます。実際に使用したもので良かったものも紹介します。

野球人にも必見❗️BCAAマッスルプレスであなたもマッスルボディーを目指そう!

BCAAマッスルプレスは鋼の筋肉ボディを作ることができると人気が高いサプリメントです。私の場合、野球のカラダ作りのために飲むようにしてきましたが、ムダな成分を含まずに筋肉の成分を凝縮したBCAAマッスルプレスはプロテインよりもおススメできます。

今回、私が言いたいこと



BCAA マッスルプレスとは?

“BCAA“は私が野球に汗を流していた高校時代に利用していました。16、7年前になるでしょうか?

そもそも”BCAA“って何?プロテインとどう違うの?とハテナ?ばかりがついていました。

そんな中で私のいた高校にやってきたプロテインなどのサプリメントを売る業者屋さんに勧められて購入したのが、MUSASHI(ムサシ) マッスルリカバリー BCAA 回復用アミノ酸パウダー 250gです!

その当時に教わったのは、筋肉トレーニングをした後に飲むようにすることで回復を早めてくれ、筋肥大にも繋がるということです。
その考えは、今でも間違っていないと思います。

今現在、私は、野球の指導者として携わるようになり、選手としても今シーズン草野球ですが1シーズンがしっかり戦えるようにしていきたいと日々、考えています。

それで飲み続けたいと思うけれど、

  • 金額もそれなりにかかってしまう。
  • 飲みやすくないと継続して飲めない。

と思っていました。大きいのは経済面なのが正直なところですが…

今回、紹介するサプリメントBCAA マッスルプレスは低価格で購入できてコストパフォーマンスも良いサプリメントです!

BCAA マッスルプレスの成分


成分に含まれるのは、ロイシン・イソロイシン・バリンです。
この3つの成分は基本的にどのアミノ酸サプリでも必要な成分として表記されています。

じゃあ何がBCAA マッスルプレスは違うの?

そこが知りたいんじゃないかと思います。

それは、ロイシンの比率をアップさせていることにあります。

このロイシンという成分は他の二つのアミノ酸と比べても、筋肉を育てるのに欠かせないと言われています❗️
比率アップと書きましたが、どのくらいアップしているのかというとバリン・イソロイシンのおよそ4倍の成分量が凝縮されています。これは大変、すごいことです❗️

1日、2000mg以上の摂取を推奨しているのが一般的なので、このBCAA マッスルプレスで摂取できる量というのは、
例えば、1日8粒を摂取したとして、
ロイシン:2000mg
バリン:500mg
イソロイシン:500mg
を補給できる計算です。ロイシンだけで足りる計算なのです❗️

BCAA マッスルプレスはカプセルタイプで持ち運びに便利

この成分が配合されたBCAA マッスルプレスはカプセルタイプです。
カプセルタイプって嬉しいですよね!外出先でも気軽に摂取することができて、飲みたい時に飲めますよね。
服用方法も1日に8〜16粒を目安に水などで飲むだけです。

BCAA マッスルプレスの価格


BCAA マッスルプレスは、定価購入だと7,830円とお値打ちとは言えませんが、
定期コースだと5,830円とかなりお値打ちになります❗️
しかも、いつでも解約可能なので自分には合わないと思えば、解約がすぐに可能なのです。

この条件だったので今回、購入に至ったというのもあります。やはりお値打ちに仕入れたいと思いますね。

野球でサプリメントを飲む必要があると私は思う❗️


結論から言えば、間違いなくあります❗️ 常に身体はアミノ酸を消費し続けています。なので、野球の練習やトレーニングなどで疲労した身体をケアしてあげる必要があるのです❗️ケアをしなくなると身体の疲労は残るようになり練習の質が低下する恐れもあります。
野球の練習内容を考えてみよう。概ねどこの野球チームでもアップからキャッチボール、全体練習をやり、練習が終わっても残練に励む選手が多数います。
そして、朝練をやるチームもいるので、それこそ休息をとる時間がないのがげんじょうなのです。

服用の仕方もシチュエーション次第で変化する

飲み方も自分の生活リズムに合わせて調整するといいですね。野球の練習で言えば、朝練の後に2〜4粒、夕練の後に2〜4粒、就寝前に2〜4粒といった感じでいいのではないでしょうか。
カラダの回復にも繋がる上に、余分な部分の入っていないアミノ酸がしっかりと補給できます❗️

飲み続けて変化したこと

  • カラダの疲れがあまり残らなくなった。
  • 気持ちカラダにキレが戻ったように感じる(自分の感覚としてですが)。


二つしかあげませんでしたが、ここから徐々に変化が大きくなるのではないかと楽しみにしています。
でも、大きくないですか?疲れが溜まったカラダで良いパフォーマンスが行えないのではアピールにもならないですからね。

今後、何か変化があれば随時更新していきたいと思います。

野球にもしなやかな筋肉は必要です。アミノ酸補給などの面にも目を向けていきましょう❗️

打撃面でも、守備面でも、投球面でも大きく関わってくる筋肉。必要ないという方もおられるかもしれないですが、その部分もしっかりとカバーした方が、よりステップアップにも繋がると思います。

私は中学高学年から言われてきました。

年間を通してスケールアップしてライバル達にも差をつけましょう❗️